ゲイでもアイドルになれる!

こんにちは、こんばんは。

 

2019年7月14日。

二丁目の魁カミングアウトのワンマンライブ「ゲイでもアイドルになれる!inZeppTokyo」が行われました。

 

目標動員数2000人。

そのためにメンバーもおなカマもいろんな活動をしました。

(ゲイメイキングや歌ってみた動画の投稿、QRコードの宣伝活動やTwitterでのRTによる拡散)

 

そして迎えた当日。

ノンストップメドレー(1+1)×0=0(ゼロ)からスタート。

ゲイメイキングで練習していた見たことない振りがこの曲だったのかってわかった。

ノンストップメドレーの繋ぎ本当に素晴らしかった。FGLのMCでも「意外な音から意外な曲に繋がるんだよ!」って言ってたけど本当意外な音、意外な振りから繋がっていった。

 

バグズは推しの翼が見えた。

ミキさんと白鳥さんで歌ったシャイシャイ。2人が奏でるユニゾンって安心感がある。

きまるくんとぺいちゃんのホモサピエンス。北海道から成長感じた。

yesterday the once more 節目とかワンマンで聴く曲。大きな会場で大きくなっていって、離れて行っちゃうような感覚になってて、現場行くのも怖かった日々があって。だからこそ伝えてくれた。

「大丈夫 僕らもう出会えたから!」

に救われた気がした。

やめすこも繋ぎで踊っていたダンスがすごく良かった。好きなことしている振りを取り入れてた。

カエルのうた。Zeppって大きな会場で飛べたのすごかった。1年3ヶ月前、初めて見た時コール知らなくて飛べなくて棒立ちだったオタクが、思いっきり楽しんで飛んでた。

シワGAYで楽しんでメンバーが一旦はけて幕間映像

 

2017年4月の映像から始まり2019年7月の映像が流れている間にメンバーが話した「おなカマ」をカウントしていた。

ずーっと「おなカマ」って言っているから本当に愛しかない人達なんだなって。

マイサイBGMのメンバー&魁バンドの紹介映像が終わり、ぺいちゃんの影ナレ

「速報です。本日の当日券の売り上げ含めて2000人達成しました!」

本当に凄い。信じて諦めないで掴みとってる。

 

新衣装で登場した4人。豹のように駆け抜けていくって意味を込めたそう。

魁バンドで聴く楽曲は前回のワンマン(桃栗三年ゲイ八年)凄かったけど、凄かった…(語彙力)

まるもも鶴亀も、そっ閉じではガチゲイ口上が会場いっぱいに響き渡った。

ノスタルは1番はアコースティックで振り無しで丁寧に歌い上げてた。

最後に歌ったポイズン。魁バンドリオ様のピアノとスポットライトでメンバー1人ひとり照らされて丁寧に歌い上げる姿がすごく良かったし、ぺいちゃんが涙を堪えて歌ったあと白鳥さんも泣きそうになっていた。

 

アンコール

30曲全曲フル歌唱のためMCする時間が無いからダメって言われている中、ミキさんが

「私が責任とるし、怒られに行くから一言言わせて!」って。

「私は自分の事が好きになれなくて、自分のことが好きになりたくてアイドルになりました。」

「自分で『大きくなりたい』って言ったのに寂しさを感じました。」

「みんなが自分のことを好きになれなくても、私はあなたの優しさを知っているから。私はあなたたちが大好きです。」って伝えてくれました。

きまるくんも「私も一緒に謝りに行くから!」ってお話ししてくれた。

「ここにいるおなカマのみんなが手を引っ張ってZeppに連れてってくれたけど、今度は私がみんなの手を引っ張っていくね。」って。

白鳥さんは「こうなったらみんなで謝りに行きましょう」ってグループ内でも愛しかないなぁって感じた瞬間でした。

ぺいちゃんは「私は怒られるの嫌だから!手短に話すね。」

「私はここにいるみんなが、おなカマが…

大好きだー!!!!!」

ってマイク通さず叫んだの泣いた。ぺいちゃんは愛の人で太陽で輝きを与えてくれる人だった。

 

そしてボク嫁。「僕の夢はもっと“みんな”を好きになる事」ってミキさんが言ってくれた。

最後の曲。ハッピーデー。初披露の曲で挟んだセトリだった。振り付け凄く良かった。2:2で手を絡めるところとか良い。

 

 

このワンマン迎えるにあたって、オタク側として(僕自身が)寂しさを感じていたの。

1年3ヶ月前に1人で行ったアイソトープラウンジ。おなカマがまだバーカンやロッカーまで溢れていなかった頃。その時見た曲の景色は忘れていないしその曲たちをZeppで見て、あの時の景色なんかより全然広くて大きくて歌い方もダンスも上手になって…。

あの日から積み重ねた思い出がいつか重ねられなくなって、遠くに行ってしまって、嬉しい事楽しかったことを共有したり、悲しかったこと辛かったことをいい思い出に変えてもらう事が出来なくなる日が近いかもしれない。って思ったら。寂しくなった。

 

でも、ミキさんが「寂しい」って言った時。自分だけじゃなかったんだって。

勝手に寂しくなってそれが怖くなって、置いていかれるかもしれないって思ってた。

手を差し伸べてくれていたのに自分は掴めていなかったなって。

 

だから、僕は愛されていいし愛していいし、幸せになっていいんだって。そう思った。

閉演後のチェキ会たった数十秒だったけど勇気を出して口にした。

「もっとみんなと幸せになりたい。」

ぺいちゃんが

「もっと幸せにしてくれ!」

って言ってくれたの。それが嬉しくて。

 

初めて出会ったゲイアイドルが二丁目の魁カミングアウトで本当に良かった。

 

ゲイでもゲイじゃなくても僕は4人がおなカマが大好きです。

寂しくても、辛くても、苦しくても。僕は1人じゃないって教えてくれた。

ありがとう。

虹の向こうのお約束

こんにちは、こんばんは。

 

過去に書いた記事からこのブログは始まります。

 

 

今日は1月7日。
夢眠ねむさん卒業の日です。

 

とは言え、僕は夢眠ねむさんについて詳しく知っているわけではありません。
だから、こんな素人何語ってんだよって言う声も上がりそうですが、推しが好きな推しについて考えてみたいなと思って書いています。

まず、でんぱ組.incを知ったのはCMソングがきっかけでした。


その頃は単純に曲に魅かれてた気がします。それから時が経ち、とあるメンバーが特撮ものに出演しており当時好きだったグループのメンバーが出ていたので見ていた時に目に入り気になっていました。彼女はグループを脱退しましたが、その次に気になったメンバーは夢眠ねむさんでした。

 

ボロボロのiPod touchに唯一入っているWWD Best 3枚組の3枚どれもいい曲だなって思いながら高校生の頃聴いてました。人生で初めて推し以外のアイドルのCDを取り込んだグループです。

(「まもなくでんぱ組.incが離陸いたします」とか「WWD」、「ファンファーレは僕らのため」、「Dear☆Staseにようこそ」とかが好きでよく聴いていました)

 

今好きなアイドルがきっかけで、再びでんぱ組.incさんを目にするようになりました。
フォロワーさんにでヲタさんがたくさんいた事も影響しているかと。
特に夢眠ねむさんのファンの方が多く、いろんな事を知りました。
本が好きだったり、たぬきゅんがいたり(たぬきゅんとっても可愛くてぬいぐるみ欲しいけどオタクじゃ無い自分が買っていいのかっていう葛藤でまだ手にしていません…)、お酒飲んでたり(凄く美味しそうに召し上がる姿が素敵です)、Twitterでいろんな事語っていたり(推し達のことも語ってくれたり、MVの監督してくださっていたり。MVが本当に凄く好きですありがとうございます)

あと、自分の好きないろんなところで夢眠ねむさんをよく目にします。本当に多彩な方。
夢眠ねむさんのファンの方々は、衣装を真似して作っていたり、今日の武道館公演に向けて配布物を作っていたり…。

なんか、相思相愛が成り立っているような、愛が相互作用し合っているような……。そんな印象を受けました。
これが「愛されるアイドル」なのかもしれないと感じました。

 


新たな旅立ち、新たなスタート。活躍する場が変わっても、今からでも「夢眠ねむ」と言う1人のアイドルを知りたいと思える素敵な方だと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(追記)

6月22、23日にサンリオピューロランドで「たぬきゅん&キティのズッ友♡Forever☆ ラブパレード〜虹の向こうのお約束〜」が開催されます。

夢眠ねむさんがストーリーや構成をする事を知りました。そして、そんなパレードのスペシャルゲストに二丁魁(二丁目の魁カミングアウト)が呼ばれたことを知って本当に嬉しいです。

ピューロランド年間パス持ち、ポムポムプリンが好きすぎなオタクです。

昨年5月にピューロランドに遊びに行った時ちょうど夢みるDear☆Staseが行われていた時期で、たくさんのディアステファンの方がいた事ありイベントについて知りました。時は流れ7月、二丁魁がピューロランドでライブを行った時に、いつかこういうパレードやって欲しいってずっと思っていたので今回実現するのが本当に嬉しいです。お招きいただいたこと、ファンとしてお礼申し上げます。

 

感想はまたお伝えする機会があったらなって思ってます!!!

 

 

 

 

 

ここまで下書きをしていたのに公開しないまま、パレード当日を迎えました。

 

 

当日はあいにくの雨でした。

土日で人が多い中、ピューロを閉園まで楽しみ、パレードを迎えました。

普段ピューロランドで見るミラクルギフトパレードのようにキラキラしていて、可愛くて、ストーリーにも「みんな仲良く」が組み込まれていて本当に素晴らしくて幸せな空間でした。

緑色を取り戻してくれた、閃光プラネタゲートの「閃光プラス+1000%」

青色を取り戻してくれたCYNHNとシナモンの「はりぼて」

黄色を取り戻してくれた寺嶋由芙さんとポムポムプリンの「いい女をよろしく」

虹にピンクを加えてくれた二丁魁の「ボクの夢はお嫁さん」

虹を取り戻してくれた虹のコンキスタドールの「ブランニューハッピーデイズ」

正直、ディアステ側の曲は全く知らない状態でパレードを見ていましたがどの曲も凄く楽しめました!

 

虹にはピンクなんてない!って言われたのに「確かに、虹の中にはピンク色はないけど綺麗なグラデーションの中にきっとあります!」

って言って始まったボク嫁最高でした…。

ボクの夢はお嫁さん[music video] / 二丁目の魁カミングアウト - YouTube

 

あと、KAWAII FESTIVAL!!!

あの…本当に素晴らしくて…天国を見ました…。本当に可愛くて…。人生でこんなに可愛いに囲まれたのは初めてだったかもしれません…(盛りすぎ)

二丁魁がミラクルハートライト持ってKAWAII FESTIVALを踊っている光景って想像しただけで可愛くて…。本当に可愛かったです。

いちご踊るぺいちゃん、リボン踊る白鳥さん、ピアノするきまるくんとミキさん。眼福。

しかも歌詞が「にちょがけ!ゆっふぃー!プリン!」って流れで本当に感謝しか無かったです。

 

エンディングの撮影可能タイム。

出演アイドルさん達の笑顔がみんな素晴らしくてキラキラでした。

f:id:blue_night_pudding:20190624172200j:image

f:id:blue_night_pudding:20190624172256j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624172252j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624172218j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624172206j:image

虹を取り戻すために頑張ってくれたでんぱ組.inc

 

f:id:blue_night_pudding:20190624172839j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624172845j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624172850j:image

勇敢な姿を見せてくれた閃光プラネタゲート

 

f:id:blue_night_pudding:20190624173009j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624173005j:image

弱さの中にも強さを見せてくれたCYNHNのみなさん(全員撮影出来ていないので手元にある写真で失礼します。)

f:id:blue_night_pudding:20190624173156j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624173201j:image

プリンさんへの愛を感じた寺嶋由芙さん

(2日間ともプリンさんに反応してくださって本当に感謝です。この2日間でゆっふぃーの事好きになりました!)

f:id:blue_night_pudding:20190624173325j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624173322j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624173317j:image

めちゃくちゃ可愛かった虹のコンキスタドール

f:id:blue_night_pudding:20190624173416j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624173412j:image
f:id:blue_night_pudding:20190624173421j:image

虹にピンクを加えてくれて、大好きでいっぱいにしてくれた二丁目の魁カミングアウト。

 

本当に幸せで大切なひとときを過ごす事が出来ました。ありがとうございました。

原案、脚本、演出してくださった夢眠ねむさん。そして、出演者、携わった方々に感謝いたします。

 

「白鳥白鳥の翼になるから。僕の翼でいてください」

1年前のブログ記事です。(長いけどお付き合い願います)

 

まずこの話を書くにあたり前現場の話も少し含みます、また少しイタイ話もありますのでご了承ください。

 

 

 

僕には、人生を変えてくれたアイドルがいます。
SECRET GUYZの池田タイキさんです。
彼のおかげで僕は自分自身と向き合う事が出来ました。
リリースイベントのツーショットのテーマでシンデレラポーズだった時に膝をついて「あなたをこれからも推していきます。」と言う忠誠のようなものを立ててきたんです。
しかし、ポーズ固定のため互いに膝をついてしまう形だったので完璧ではなかったのです。それが悔しくて、リベンジしたかったのにグループは惜しくも解散してしまいました。

 

そのツーショットから半年。
再び人生を変えてくれたアイドルに出会いました。二丁目の魁カミングアウトの白鳥白鳥さんです。
とある特典会の最中に白鳥白鳥さんに急に言われたのです。

「今度、跪坐くやつやろうね。タイキさんで出来なかったやつ。」

びっくりしました。Twitterで確かにツイートした事がありました。でもそれは言われた日より1カ月以上も前の話。何気ないツイートでした。
二丁魁の特典会はライブと違う衣装で行われる事がほとんどです。なので僕は雰囲気が似合うので「ウェディングの衣装でやりたい。」って話してその日は終わりました。

それから数日後。それを叶える日が突然やって来ました。対バンライブが終わりチェキを何枚撮ろうか迷って列に並んでいた時です。
颯爽と真横を通るメンバー4人。着ていた衣装はずっと待ってたウェディング衣装。
緊張しながら回って来た自分の番。
緊張し過ぎて「あれがやりたいです…。」しか言えなくて、「あれって?」って聞き返されたけど、跪坐いて手を差し出したら「あぁ!ずっとやりたかったやつ!」って言ってくれて、「じゃあこうした方がいいよね。」って衣装の裾をひらつかせてくれました。
f:id:blue_night_pudding:20190618225711j:image
「逆もしたいです…」と言って逆もやってもらいました。どうしても話した言葉があって、

 

「白鳥白鳥の翼になるから、僕の翼でいてください。」

 

言った時ハクさんは両手を握ってくれてたままでした。ハクさんも微笑んでくれて、周りにいたメンバーも聞いてたみたいでぺいちゃんは「素敵!」ミキさんは「嬉しい!」って言ってくれて、ハクさんに言ったけど4人に誓ったんだなって、感じました。

白鳥白鳥の翼になるのはあくまで翼の一部です。ハクさんを推している人が世の中にたくさんいます。僕はその中の底辺にいる人間だと思っています。
ハクさんの一番になりたいとは思っていません。
でも、
僕の中ではハクさんが一番なのです。
だからこそ今出来る精一杯の応援をしたい。だから翼になると言いました。

今日は、念願が叶ってから初めての現場です。今日も白鳥白鳥に翼を捧げる人間になりたいです。

 

 

 

 

この出来事から1年。

 

僕は再び白鳥さんに誓いをたてようと決めてました。

場所は、自宅から近い柏。この日に被ったのも何か神のいたずらかと思いました。

伝わるか分からなくて、メモで簡単に

「跪坐くので向かい合って手を出してください。」と書いて渡しました。

 

囲みとぺいはくを撮り終えて、ハクさんとツーショット。

ハクさんの目の前で跪坐いて、手を差し出しました。

元々身長差が激しくさらに低くなってしまったのに、「そうだ!あなたがこっちだね。」って言って少し屈んで手を出してくれて自然を見つめあっていました。いつもなら目を逸らしてしまうけど、ハクさんの熱意と僕の覚悟が目を離しませんでした。

f:id:blue_night_pudding:20190618233313j:image

なんかテンパって上手く伝えられなかったけど、ハクさんは

「去年と一緒だね!」って手をぎゅっと握ってくれました。

小さなオタクが大きなアイドルに誓った瞬間でした。

 

僕は初めて二丁魁のライブを見た時、見えるはずが無い翼を広げて歌う白鳥白鳥を見た時からこの人を追いかけたいって思ったんです。

 

翼が見える瞬間は、BUG IS LIFEだけだったけど、それからsee you next life 、鶴は千年亀は万年僕の数年が増えました。

この1年で色んな事が変わったけど、覚えてくれている事もあって…。

 

僕は上手く表現する事が出来ないし、人と上手く接する事も出来ません。好きな事はとことん好きで1度でも嫌だとか思うとずっと避ける。

 

白鳥白鳥ってアイドルはどんどん成長していてずっとアイドルでいてくれて、ずっと輝いてくれている。

どんな僕でも、変わる勇気を輝く勇気を与えてくれる。

だからこそ何度でも伝えたい。

 

「白鳥白鳥の翼になるから。

   僕の翼でいてください。」

 

大切な4つ目の宝物

〈GAY❹の感想なのでネタバレ含みます!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

1 アンハッピーバースデー

1/25品川ステラボールで聴いたアンハピの印象が強すぎて未だに受け止めきれていない。あと、MV見れない。(5/1見て崩れかけた)生死感とか色んな感情がぐるぐるしてしまう。

本当にいい曲で好きなんだけど、自分に突きつけると少し拒絶反応が出ちゃう感じ。受け止めきれない何かがある。

「生まれた理由なんて 誰も知らないはずだけど

生きたい理由なら 少しずつでも わかるような気もしたんだ」

この歌い出しから痛い。自分は「なんで生まれてきたんだろう」って思った時期があったり、親と喧嘩して「生まれて来なきゃよかった」って泣き叫んだ日があったから。その傷に触れたように感じた。

歌詞が全部自分に重なってしまう。ライブでこの歌い出しの時のミキさんと目があった時見透かされているみたいで固まった記憶がある。

2番の

「誰にもぶつけられなくて だから自分に何度もぶつけたんだ

気付くと痛みに慣れすぎて そんな痛みでは ビクともしない 

間違った強さを手にしていた」

本当に自分自身に色んな事をぶつけて感情が無くなって、悲しい事あっても辛い事があってもそれで心がどんなに傷ついても、泣けなくなって、それが「強くなった」って勝手に勘違いしていたなって。この影響で今もほとんど泣けません。悲しいのに苦しいのにその感情がうまく処理できないまま。

 

それでも

「触れられて始めて 生きたいと感じて

初めて1年の短さ大切さに気付く」

これは二丁魁のお陰で感じる事が出来た感情で。「生きたい」って思えるようになったから。そうなったら4人と作った思い出や時間はあっという間で。それが凄く大切な時間で。

「苦しかった日々も 孤独な時代も

あの痛みさえ忘れない。

だってそれは痛みの出口(さき)に

あなたが立っていたから。」

ミキさんは出口におなカマがいた事を考えて歌詞を書いたって話していたけど、僕は出口に二丁魁がいたからって感じました。

 

 

 

 

2 ボクの夢はお嫁さん

GAY❹の詳細が発表された時タイトルだけでズシンと来た。「きっとバラードで、やめすこ(病める時も健やかなる時も)の続きみたいな曲かな?」って思って。

MV見た時にインパクトとギャップにやられた。ピンク衣装でMVが凄い可愛くて、二丁魁好きになって最初に初お披露目に立ち会えた衣装がピンク衣装だったからその衣装でMVが出来たのが個人的に嬉しかった。

歌い出しの

「無邪気で純粋コドモと 物知り経験豊富オトナの

狭間にここ数年いる僕 こどもなの?オトナなの?」

色んな好奇心やオタク気質で知りたい事は調べるし、こういう事やりたい!って考えを持ってた小学生時代によく大人から「オトナだね。」って言われることが多くて。でも、そのまま歳を重ねてしまうと、同じことしても誰にも褒められたり「もっと考えろ」とか言われてしまう歳になってしまって。その点において自分は「こどもなの?オトナなの?」って思っていたのが重なった。

「何かのためだけに一生 かけてみるのも素敵な人生」

ってまさにオタクだから。アイドルに一生かけます。

 

 

 

 

3 鶴は千年 亀は万年 僕の数年

振りが凄く好きっていうかスタンドマイク良い…。

「繰り返す 365 達成感 何%?」

の「なんぱぁー」って歌ってるぺいちゃんがめちゃくちゃ好き。

あと

「君しか出来ない事がきっとあるはずさ」

の所で後ろのコーラスで歌い出しの英語の歌詞が聞こえるのが凄く良かった。

「生きてる声を今ここで聞かせて」

って歌詞がなんか凄く好き。

その後の

「長生きなんてしたくなかった

明日さえ見えなかった

想像すると怖かった

やりたい事なんてない

それでもやってみようかな

人が言う“生きる”ってやつを」

って歌う白鳥さんが力強くてライブで見た時もバグズ(BUG IS LIFE)みたいに翼が見えそうだなって感じた。ライブで白サイ焚きたい!って思った。

そのあとの

「聞こえる 見えてる 触れた感触ひとつ残らずに」

もいい。めちゃくちゃいい。なんか肯定してくれてるように感じる。

 

 

 

 

4 (1+1)×0=0

初めて聴いたのはCDの音源で。耳に入ってきたきまるくんの声が優しくて身体中に電撃走った。

歌い出しがミュージカルって感じた。ピューロランド。メモリーボーイズ。きまるくんメモボ出よ…。って感じた。

きまるくんだから表現出来たんだろうなって曲。あとサクライさんが作ってる曲だからブクガ(Maison book girl)さんみたいだなとも感じた。(だけど2マンでしかブクガさん聴いた事ない)

あと、この曲で好きだ!ってなったのは3:15のミキさん(これは色んな人に言ってるけど)

「どこかで生きているのに もう会えない人は

死んでしまったのと全然違う

そして それは 時に同じで

どこかで生きているのに もう会えない人は

死んでしまったのと全然違う

そして それは 時に同じだ」

ここの低音が好き過ぎて悶えた。耳に急に流れてきて身体中がゾワってした…。

あと。この歌詞を読んで言い表せない気持ちになった。生きてるって分かってても、もう会えない人って記憶の中では最後に会った姿のままで、今の姿を見てもそれは「別人」な気がして。

そのあとのきまるくんのパートで終わるこの曲は高音と低音のバランスが凄く良かったなって。聞けば聞くほど感じた。

 

 

 

 

5 see you next life

CD手に入れてサイン会までの間に歌詞読んだ時に一目惚れした曲。

「まさにこの人生 前世でエンドロール見ながら急いで

一人描いた粗い物語だ」

この歌い出しの白鳥白鳥がすごい。

あと、

「生まれた場所もこの体も変えられないのが運命でも 多少の不一致も受け入れてきた」

のきまはく

「きっとずっと昔 人類が誕生した時には決まってた

人として生きるには悩み争うのが運命」

のぺいはくでBUG IS LIFEの落ちサビ思い出した。

この歌詞読んだ時本当に衝撃で。僕は、FtMで生まれ持ったこの体も性別も今は変えることができない運命でその心の不一致を無理矢理受け入れて生きてきたからそれに当てはまりすぎて。

サイン会の時にも「何が良かった?」って聞かれた時に即答で「see you next life!」って答えたし翌日のFGLでも全く同じやりとりしたくらい好きな曲。

リリイベのライブで振りが見れなかったからちゃんと見たい。

 

 

 

 

6 ピンポンダッシュ

イントロからTheアイドルソング。多田さんって知って、大学にいるジャニオタに話したら「聴きたい!」って好感触。聴かせたら「これはもう多田さんだね。アイドルソングだね。」って。多田さんの曲聴いた事ある人が聴いたら共感する音。

ミキさんが初めて書いた恋愛の歌。恋愛に疎いけど、CDのぺいちゃんの

「ねぇでも君がいてくれたら

毎日がちょっと楽しくて笑っちゃうんだ

君は想像も出来ないだろうけど」

の歌い方が可愛い。恋する乙女。

あと、振りがめちゃくちゃ可愛い。もう天才。ミキさんが天才すぎる…。

この歌はミキさんとぺいちゃんの曲って感じがする。恋愛に関しての話は2人がする事が多いし。

 

 

 

 

7 an happy day

歌詞に惚れた曲part2。CD音源で聞いた時惚れた。

アイドルのライブのアンコール前に歌ってそうな曲って第一印象。

「四方八方 嫌なものに囲まれて動けずにいるんでしょ?」

って歌詞から傷口に塩。動いているつもりでも結局足踏みしているだけだなって…。

「本当は隅で壁に寄り添い 生きたくて深く帽子被って

いつも元気に笑っていても 本当はそうじゃない事

ねぇちゃんとわかってるから」

白鳥さんのパートなんだけど、傷に優しい温かさ与えてくれたなって…。いつも触れてくれる時みたいな優しさが歌に乗って優しく撫でてくれた。

「幸せな人達見て 消えたくなる

そんなこと誰にだってある事さ」

ここのみきはくがずっしり響いてきた。他人が幸せになっている事に妬んで消えたくなっている自分がいるのがバレてるみたいで。

「生きていたい時間と 生きたくない時間

終わる頃 生きていたい時間が勝るように

この先は君にだって素敵な日 待っている

いつだってそう願い生きるんだ」

今までの自分じゃ絶対に思えなかった感情だ。でも4人に出会えてもらった温かさがあったおかげで思えた感情。

「焦りも僻みもなく 大きな拍手送って

あげられるそんな人でいてほしんだ

そしたらさ 君がいつか本当に笑う時

大きな拍手を送ろう」

この歌詞読んだ時に、過去の自分自身に手を差し出して優しく抱きしめて、温かさとか愛情を与えてあげたいなって思った。4人からもらった温かさとか愛情を今の自分にも詰め込みたいけど、過去の自分にも分けてあげたいって思った。

 

 

 

 

この7曲がこれから先ずっと宝物になります。

よろしくお願いします!

f:id:blue_night_pudding:20190519182513j:image

Good As Yesterday❹

2019.05.15

 

 

2018.4.18→2019.4.16

2018年4月18日

初めてアイソトープラウンジに並んだ時、ライブ見た時、チェキに行った時は知っている人が誰もいなくて不安しか無かった。

 

Mixの迫力が凄かった「ネコの恩返し」

おなカマの一体感を感じた「マイノリティーサイレン」

ケチャしている世界を初めて見た「三原色カタルシス

まだ推しジャンも出来なかった「カエルのうた」

唯一MVを見ていた「ウサギと賽子さん」

コールの威力を感じた「耳をすませば

雰囲気がガラッと変わった「若くない者のすべて」

白鳥さんを推すきっかけ。心奪われた「BUG IS LIFE」

落ち着いた雰囲気でもダンスナンバーだった「TOO SHY SHY PEOPLE」

MCを挟んで歌い出しのきまるくんに飲み込まれた「人を好きになれる君は何度でもやり直せるんだ」

 

ライブを見て、キラキラした4人に。曲の世界に心奪われた。

 

Mixって自分が小学生の頃。アニメの声優のライブとかで使われているイメージが強くて。あと、女性地下アイドルで使われているイメージ。だから、自分がMixを叫ぶオタクになれたのがなんだか嬉しかった。

 

初現場の前物販でCDを買って、チェキ撮った時ミキさんに「ワンマン来て!」って言葉が残ってて帰りにローソン寄って気づいたらワンマンのチケット買って手に持ってた。

5/1のワンマンも当時知らない曲ばかりで。でも後ろに歌詞が表示されるから分かりやすくて。

 

 

二丁目の魁カミングアウトの曲がどんどん好きになった。

 

バイトのシフトも学校の授業もライブに行けるように組むようにした。

 

 

 

HARD GAY SEASONが発表されてすぐツアーのチケット買ってたし、6月7月には名古屋遠征もした。

 

初めて対バンライブに足を運んだ。白鳥さんに大事なことをお願いした。

 

初めて深夜のオールナイトイベントに参加した。

 

HGTファイナルの会場ピューロってが決まった時、場所が嬉しくて仲良くなったばかりのおなカマさんたちににおめでとうって言って貰えたりした。

そのライブは本当に凄くて素敵で、同じライブが見れるならどのライブがいい?って聞かれたら真っ先にこれって言うくらいまた見たいライブだった。大好きと大好きが一緒になったライブ。あと、おなカマネームを貰った大切な日。

 

8月のHOT GAY SUMMERの為に定期を作って毎日電車乗って朝ライブに行ってからバイトに向かった。

一緒に朝ごはん食べてゲイワゴンやるかなって待ちながらおなカマさんとたくさんお話した。

山手線一周旅で行ったことない場所にたくさん行って、4人が配る勇姿を見た。

行った対バンで見た女子ドルに一目惚れした。今では現場行くようになった運命。

 

9月にGAY❸が発売されてCDが自分だけの大切な宝物になった。雨の中のライブ。忘れられないし忘れたくない景色。

 

10月。白鳥さんの聖誕祭。1人で歌い上げる二丁魁の楽曲たち。1曲目にBUG IS LIFE歌ったのは本当に無理過ぎて崩れかけた。

自分の誕生日を迎えた後のライブ。初めて鍵閉めして大事な話をした。その時「そうするって決めたなら私達は勇気を…」って白鳥さんが手をギュッと握ってくれた。

沖縄が中止になり実質初日だったJAPAN GAY TOUR三重公演。この時、白鳥さんが言ってくれた「難しいかもって思ったらやめたっていいからね」って言葉と「あなたはあなただから。無理しないでね。私たちがついてる」って言ってくれたミキさん。立ち向かう勇気も逃げる勇気もくれた。

そのあと結果を報告した時、ミキさんがくれた「私たちはずっと一緒だから!」って言葉に救われた。

ミキさん不在の特典会とライブ。

久しぶりに会ったら「おかえり!」って言われて帰ってくる場所なんだって教えてくれた。

 

11月。VS GAYのお陰で沢山のアイドルを見る機会が増えた。初めての京都で凄く楽しめた。

 

12月。ぺいちゃん生誕凄かった。

仙台遠征。会いたかった高校時代の大事な子と再会出来た。

ヴィレヴァン、ゲイロト、ハロウィン、CDGJって年末年始連続ライブで楽しかった。

 

1月。軽率に行った対バン。きまるくん生誕。名古屋遠征。

そして、ステラボール。1500人の景色。そして、アンハッピーバースデーで大泣きしてた。ここで聞いた「大きくなりたい」に胸が締め付けられた。

あと、初めてZeppTokyo。凄く大きく感じた。

 

2月。初めて自分で飛行機を取って行った沖縄遠征。バタバタだったけど凄く楽しかったし凄く思い出になった。現場数が少ない月だった。

 

3月。新宿じゃ無くなったFREE GAY LIVE、大きくなるってこういうことなのかって感じた。豪華な組み合わせだったVS GAY。白鳥さん不在の深夜ライブ。ミキさん生誕祭。SPACE ODDでの対バンライブ。

 

4月。大阪遠征に行けなかったため2週間ぶりに会えた4人に「ただいま!」って言われて凄い嬉しい気持ちになった。ピューロのイベントが決まって嬉しいことを報告したら「当ててね!」って。

約1年を迎えた4/16。1年前に初めて聴いたのと同じくらい衝撃が走った「BUG IS LIFE」今ではちゃんと飛べる「カエルのうた」

「アルバム出るよ!」って。大切な宝物が増えるんだって改めて感じた。

 

 

自分が映ったものだけでも150枚を超えたチェキ。沢山のおなカマさんと一緒に撮ったチェキ。好きなものを組み合わせたピンショットやメンバー同士のショット。それも合わせたら200枚くらいはあると思う。

どれも全部に出来事や背景や思い出があって。どれも全部覚えていたい忘れたくない。

 

この1年間で、メガネからコンタクトにした。コンタクトもカラコンにするようになった。顔の傷がコンプレックスで少しだけ化粧で隠すようになった。洋服を見るようになって、古着が好きになって自分で服を買うようになった。自分の為にものを買ったり何かをするようになった。

それは4人がくれた言葉やキラキラが自分自身を変えてくれた。ライブの瞬間アイドルとして輝く4人も、人間として寄り添ってくれる優しい4人も全部大好き。

 

ミキさん、ぺいちゃん、きまるくん、ハクさん。

出会えて本当に良かったです。4人がゲイアイドルじゃなくても好きだったかもしれない。でも、ゲイアイドルになってくれたから出会えた4人で。過去の自分や出来事は忘れられないし未だに自分でも処理しきれない感情もある。でも、4人に出会えて4人がくれた言葉や力のおかげで向き合うことが出来たり、出来ないことに挑戦したりする事が出来ています。

ありがとうって言葉じゃ伝えきれないほどたくさんの感謝があって、1人のドルオタとして返しきれていないけど、

いつも楽しませてくれて

勇気をくれて

元気をくれて

生きる楽しさを教えてくれて

本当にありがとう。

 

2年目もよろしくお願いします。

 

PS 好きオタクへ

誘ってくれてありがとう。前現場から一緒の人達には特に感謝している。

二丁魁現場で出会った人たち。こんな僕の話を聞いてくれたり話しかけてくれてありがとう。

 

 

2018.4.18

f:id:blue_night_pudding:20190417140913j:image

2019.4.16

f:id:blue_night_pudding:20190417140928j:image

 

1年前の悔しさ

2019年3月18日。

今日は(下書き時)、ミキティー本物さんの生誕祭「みきざんまい」が行われました。

前日の3月17日がミキさんのお誕生日でした。

 

1年前の3月17日。新宿二丁目ではミキさんの生誕祭「GAY24」が行われていました。その名の通り、24時間ライブしていた。「無料だし来れば?」と誘ってくれて凄く楽しみだったのだが、バイトのシフトを見るとその日は1日出勤の日で行けなかった。

それからしばらくして、初めての現場にぼっちで行く事になるのはもう少し先の話。

 

写真やツイキャス、フォロワーさんの懐古を見るとなんで行けなかったんだろうって悔しさがあって、それは日に日に増しています。

 

僕が出会ったこの1年間で二丁目の魁カミングアウトは凄く大きくなった。

チェキの時間は短くなったし、ホームの会場でライブは出来なくなって(今後やるのか分からないだけだけど)、少しだけ遠くなった。

 

でも、ほんの少しだけ。

 

だから1年前のGAY24に行けなかった事が凄く悔しい。

これからどんどん大きくなっていくって考えると少しだけ怖いな。でも、それは自分の我儘。

いつかは忘れられちゃうから。遠くて見つけてくれなくなっちゃうから。

それでも、二丁目の魁カミングアウトの4人は好きで居続けたい。

 

 

ミキさん。今日すっごく楽しかったよ!

あなたの胸にもいるからね!

 

 10時出勤。15時退勤のはずが報告無しに22時まで伸ばされてました。

 

テレビの影響も少しあり、ランチタイムも忙しく、夜の営業もずっと忙しかったです。

キッチンに立っていると携帯が見れないので、仕込みに戻った時に携帯がやっと見れて通知を確認したら

「お知らせ」

特典会の時間とかかと思ったら、推しが体調不良による出演中止の知らせでした。

そこから再びキッチンに呼ばれたので考えないようにがむしゃらに働いた。

 

同じような状況になった事がある。

1年前。大好きだったアイドルの解散のお知らせ。

その時も考えないように必死に働いて家帰ってオタクと電話しながら号泣してた。

でも、今回は泣く余裕なんて無くて。とにかく会場に行きたい。間に合いたい一心で準備して終電に飛び乗った。

 

渋谷着いてひと段落してから、今日のライブ居ないんだって現実見て。

会場入ってから不安で不安で仕方なかった。

 

ぺいちゃんの影ナレ。「大トリです!」

入場規制がかかったらしい会場で前から2列目。0よりやや上手寄り。3人の表情がよく見えた。

 

忘れられないしこれからも絶対忘れない景色だった。

 

まるもうけ。

推しの落ちサビ

「つまんない人生送ってきたな」

のところ。

 

いつもは推しに指差しなり白サイ焚いて飛んでるんだけどそれも出来ない。

このタイミングで叫ぶ「オレモー!」も言えるか不安だった。

 

まるもうけのイントロが流れてからやって来る落ちサビ。

ミキさんが真ん中。上手にぺいちゃん。下手にきまるくん。

「裏切り、失恋、嘘、意地、ストレス」

ここでミキさんが会場の客席に向かって歩いて、客席にマイクを向けた。

「つまーんなーい人生送ってきーたな!」

まさかのおなカマ大合唱。

びっくりして、訳が分からなくて泣き叫んだ。

ミキティー本物【二丁目の魁カミングアウト】 on Twitter: "@haku_sakigake… "

騒げる曲の中では一番好きなまるもうけの推しの落ちサビ。そこを3人じゃなくて全員で補うんだもん。

 

泣き崩れたけど他の曲も白鳥コールが出来て良かった。

 

最後のMCで「私達の大切な大切な仲間。白鳥白鳥と4人で二丁目の魁カミングアウトです。今日よりもっと素晴らしいステージ見せていきます」ってミキさんが言った時、緊張とか不安の糸が切れてぼろぼろ泣いた。深夜3時過ぎに大泣きした。

 

チェキで「夜起きてられたね!」とか「夜来るって言ってたもんね!」って。

たまたま着ていった聖誕T見て「ハクちゃんここにいるじゃん!」って。「大丈夫。ちゃんとみんなの胸の中にいるからね!」って言葉で泣いた。

 

3人、いや4人には敵わないなってやっぱ思った。

 

とにかく、推しは休んで元気な姿でまたステージに立って欲しいです。一生アイドルしてくれてる未来を信じて。